ペンのトレイ

Category : お気に入りアンティーク
P9171266.jpg

つくばにあるアンティークShopのケイ・キューブさんに行ってきました。

アンティークのトレイを見つけて買ってきました。

P9171267.jpg

小鳥が可愛い。
ここが決めて♪

蓋つきのインク壷は小物入れに・・・

P9171268.jpg

その他に買ったのはヴィンテージのアルミ製ミルクポット ↓

キッチン・ツールを立てようかな。。。

P9171269.jpg

アンティークショップは宝探しをするようで、ワクワクしますね。

Posted by ミッジ on 18.2015   0 comments

アンティークのネストテーブル

Category : お気に入りアンティーク
CDコンポを置ける小さめ家具を以前から何となく探していたのですが~

先週、京都のUNOさんのHPにUPされているコレを発見!

今、買うのはちょっとキツイんだけど~と思ったもののヴィンテージは出会いが命。
買わずに後で悔やんでいる自分を想像し”ご縁を大切にしよう”と言い訳しながら注文・・・
早速、届きました。

P1190456.jpg

決め手はモリスの壁紙が貼ってあったことです。
しかも色味が他の壁紙にマッチする。

P1250220.jpg


ネストテーブルの構造をマジマジ見たのは初めてでした。
入れ子になっていて大きいテーブルが小さいのを抱っこしている感じです。

CDコンポ置き場にはGoodだったものの狭い部屋が更に狭くなってしまいました。
見回すと我が家にはウチの人口の4倍の椅子やテーブルがある。。。
座ってるのは人形やクマだったりするのですが。。。。

ダンシャリ苦手で生活スタイルに合わなくなった家具まで置いてあるからなぁ

Posted by ミッジ on 22.2015   0 comments   0 trackback

90年前の灯り

Category : お気に入りアンティーク
ず~っと見ていても飽きない灯りがともりました。

オーバーホールに出していた照明を自宅のライティングレールにつけてみたのです。

P4071179.jpg

この照明はガラスのシェード。
照明をかかえて体重計に乗ったら、6キロあることがわかりました。
決して軽くないよね。。。

今まで、ライティングレールは軽いものしか付けちゃいけないのか、 
と、思っていたけど、レール全体で18キロまでなら大丈夫~とわかり、
おそるおそる取りつけてみました。

P4071181.jpg

幻想的な美しさと申しましょうか、
もうウットリです。

密閉型のシェードの為、熱くなりすぎる電球はつけられません。
(シェードが破損の恐れ有)
~40Wまでとのこと。

ライティングレールは調光式なので、どの明るさが一番美しいか?
ダイヤル回して確認したところ、25W~40程度がいいみたい。



灯りをつけない時は、こんな可愛いピンク色のシェードなんです。 ↓

P2221071.jpg

バラの模様はエッチング。



ただ後悔がひとつ。

寝室用にする予定のこの照明… 配線を直付けにすれば良かった。。。

引っかけシーリングをつけてもらった為、それらの厚み+チェーンの長さ分の隙間が天井との間に出来てしまうよ

地震の時など、自分でもはずせるので良いかな?と思ったのですが。。。



天井にピタッとついていないと、見た目が悪い! というのもありますが、ギリギリ頭にぶつからないと思っていたのに
一番下の玉ちゃんが、おでこに ごっつンコする高さです。

緊張して生活しないといけないことに~
でも、おでこの高さなら視野に入るし、自然によけるかしら。

いやいや、暗闇でどーするのヨ。。。
自分の怪我よりシェードが割れるのが怖い。

う~~ん。。。
寝室は無理かな?

電気屋さんに相談ですね。



Posted by ミッジ on 07.2014   2 comments   0 trackback

電球の違いで…!

Category : お気に入りアンティーク
浅田真央選手、昨日は素晴らしかったですね
おめでとうございました~


さて、今日で3月も終わり。
毎年、時間がたつのが加速して行くようです。

明日から消費税が8%に。
迷っていた大物はこの機会に購入しましたが、買い物に出かけるとあおられてしまうのか?
”別に必要な時に買えばいいや”と思っていた日用品までまとめ買い、
美容院にも行ってしまいました。

群衆心理も働くのか? ネットでアマゾンにまで駆け込んでいる気がします。
カードの引き落とし日がコワイ;;;

そのアマゾンで見比べているのは日曜大工用品や様々な電球…

先日、購入したヴィンテージのランプに電球を付け替えてどれが似合うのか?試してみました。
1940年代のアメリカ製です。
クランベリーレッドが可愛いでしょう♪

P3221153.jpg


前の持ち主様に聞いたところによれば、クリアタイプの白熱電球40Wを使われていたとのこと。
アマゾン・プライムのお急ぎ便で注文したら翌日には届きます。
1年間3900円でお急ぎ便無料、ってサービスに登録して以来、ちょっとしたものもここで買ってしまうようになりました。

アマゾンの良さは購入者の感想を読みながら判断出来るところでしょうか。
もちろん中には”サクラ”もいるかもしれませんが。


裸電球のクリアタイプって、よく見るとうっとりする美しさですね。 ↓

P3221156.jpg

もちろん割高でも国産品を買いました。

点灯~~

おおっ!  影まで美しい

P3301157.jpg

ただ、ベッドの脇に置くにはちょっと眩しい

そこでパルックボールに付け替えるとー

P3301158.jpg

 こんな感じ

目には優しいけど60W相当な割には暗く感じ、光のキラキラ模様もありません。

どちらの電球を使おうか…?
悩むところです。

電球の奥の深さにこのところ感動しているのでした。


Posted by ミッジ on 30.2014   0 comments   0 trackback

ヴィンテージのシェード☆ペンダントライト

Category : お気に入りアンティーク
P3151122.jpg


先日のブログで登場したアールデコ・シャンデリアを譲ってもらったコレクターさんから、今度はヴィンテージのペンダントシェードを譲って頂きました。
同じものが2個あったのが決め手でした。

聞けば、3灯のフロアースタンドや3灯のシャンデリアに取り付けたいと思って同じシェードを数年かけて
骨董祭などで探して集めていらっしゃるとか。
そうして集まったもののひとつだそうです。


P3191137.jpg

ライティングレールに下げるとこんな感じ。

譲って頂いたのはガラスのシェードだけですので、ギャラリー付きのコードとレールにつなぐ配線器具は自分で用意しました。
コードは照明を扱うアンティークショップで、配線器具はヨドバシカメラでネットを通じての購入です。


こういうアンティークの照明には、白熱電球をセットするのが一番キレイです。

でも、1個が40W.
電気代を気にしてしまいます。。。
それに半年~1年程度で切れてしまうので、電球の交換が面倒です。
そして白熱球は製造中止になる日が来るし・・・淋しい!

で、シャンデリア用のLED電球を3種類買って、どれが一番綺麗に見えるか? 試してみました。

P3191139.jpg

↑  左が40Wの白熱電球、 右はシャープ製の曇りガラス仕様LED電球4.3W(電球25W相当)DL-JF2BL 。

  白熱球をセットすると光り方はオレンジ色っぽい電球色で光は分散し文句なく美しい。
  はかなげな灯りです。

  LED電球はガラス部分が全体的にぼうっと光って光は真下へ。
  

P3151128.jpg


↑  こちらの二つはクリアタイプのLED電球2種。
  左がBeat-Sonicの影美人4W LDB24
  右がシャープ製 DL-JC2BL

  曇りガラスのタイプより高価です。
  
  LEDの特徴は、光が真下に落ちる、眩しい、影が美しくない、電球色とはいえ色が白っぽい。
  等など、個人的な感想があるのですが、この2種類は白熱電球に近づけようという努力が
  感じられる仕上がりのように思います。

  シェードによって色々電球をセットし、一番綺麗に見えるものをあてがい使い分けるのがよいみたい。
  特にシェードにエッチングやカットが入っている場合は絶対です。
  毎日、目で楽しむためにはそのくらいの努力は必要なのかな。

  LED電球の特徴である分厚い根元。。。
  根元が白いプラスチックのLED電球は、灯りを消している時に透けて見えます。
  安っぽく見えてしまうかも。
  (画像のモノのことではありません)

  個人的には、クリアの電球の方が好きですね。
  
  シャープ製は調光出来るタイプに、影美人は天井に綺麗な影を出したい場合に良いみたいです。
  (リビングのシャンデリアには影美人を、調光式ライティングレールのペンダントには
   シャープを使いました)


電気の事、これまで全然知らなかったけど、リフォームをしていく中で
一番大切なのは照明と感じ、配線を頼んだりもし、ほんの少しですが知恵がついてきました。


住みながらのリフォーム、今は寝室製作中。
リフォームで頭がイッパイなので、アクセサリー製作が出来てません。
気になりながらも、オンライン・ショップは年末からずっと閉店のまま。

落ちついたら再開しますので、その時はどうぞ宜しくお願い致します。


  



Posted by ミッジ on 19.2014   0 comments   0 trackback

あーるでこのしゃんでりあ

Category : お気に入りアンティーク
アールデコ時代にフランスで作られたシャンデリア。。。

第二次世界大戦前の1930年前後の物です。

アールデコ・シャンデリア

画像は前の持ち主様のものを使わせて頂いてます。

この灯りというか、写真に魅せられてしまい、ベッドルームに使う事に決めました。

届いてみると、まんまるのシェードはベージュピンクでとっても綺麗。

フレームは真鍮にニッケル塗装が施されたものでした。
(黒いアイアンだと思い込んでいました)

さてさて・・・

手に入れたはいいけど、このままでは安心して使えません。

なんせ、フランス仕様ですし配線も古いまま。


そこで、相談したのが中目黒にあるアンティーク・シャンデリアの工房です。
ラ シエネガさん

指示された画像を送り、持ちこむという条件で修理を引き受けてもらえることになりました。



行って来ましたよー

持ちにくいシャンデリアのフレームをかついで。
日比谷線に乗って。(好きじゃないとぜったい出来ない)
雨じゃなくて良かった


するとー

素敵なビルでした。

1階が製作や修理の工房になっていて、2階がミッドセンチュリー。
3階がリプロダクションで、4階、5階にはアンティークやヴィンテージのシャンデリアが所狭しとさがっていました。
階ごとに、名前がつけられていて、古めかしいビルにシャンデリアの灯りが美しい♪

感心したのがパーツのストックの豊富さですね。
色々な注文に対応できるようデザイン、サイズ、あれこれ揃えられているのです。
又、それらが綺麗にディスプレイされて、絵になっている。

我が家のビーズやパーツの在庫、(いやストックと呼ぼう!) も抱えるだけで大変だけど、
ここ、すごいな~~~ 大変だろうなあ、と



相談の結果、配線を交換、ソケットをB22から日本仕様のE26と17に変更。
(これでLEDも使えるように)
シェードを留めている傘を、ビスの欠損が理由で、ストックされている真鍮の傘に交換。。。

納期は4週間後だそうです。



いやはや

最初からあそこへ行って照明を選べば良かったです。

これからリフォームの方にはとってもお勧めのShopですね

Posted by ミッジ on 04.2014   0 comments   0 trackback
 HOME 

プロフィール

ミッジ

Author:ミッジ
☆きらきらヒカリモノが大好きです☆
ミリアムハスケルのビーズやパーツを集めて、コスチュームジュエリーを作っています。
お人形やレトロなものも好き♪

メールフォーム (お問い合わせ)

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

気まぐれ宝箱カウンタ